資料請求
来店予約
スタッフBLOG|福岡県行橋市で子育てが安心できる家をつくる建築会社・白川ハウス

北九州、行橋、京都郡の注文住宅なら株式会社白川ハウス

スタッフブログ

「○○駅徒歩○分」の土地 

2019年 04月 19日 (金)

マイホームを建てる方のほとんどが土地探しからはじめると思います

検討する基準は様々ですが、多くの方が、

できるだけ駅から近いところの土地」が良いとお考えではないでしょうか 

 

不動産会社に行って土地情報を貰う方もいれば、

住宅会社に土地と建物をセットで相談される方もいると思いますが、

土地情報に記載されている【○○駅より徒歩○○分】はどのように図っているのか

不思議に思った方もいるのではないでしょうか。

【徒歩○○分】という情報は、不動産会社さんが適当に付けているものではなく、

原則がありますので簡単にご紹介させていただきます。 

 

・直線距離ではなく道路に沿って測定した距離を計測している 

・道路距離80mを徒歩分に換算して計算 

80m未満の端数が出たときは切り上げて1分と表示されている 

・駅からすぐ物件は「駅から徒歩0分」ではなく、「駅から徒歩1分」と表示 

・横断歩道や踏切等横断がある場合信号待ちの時間は入れない 

 

などの原則があります。

とは言っても実際の歩く速さは人によって違いますので、

間違いの無いようご自身の足で測ってみることが大事かなと思います。 

引越し前にモノを捨てよう!

2019年 04月 15日 (月)

マイホームが完成して引っ越しが決まったら、

新居でも使用する荷物は段ボールにまとめなくてはいけないわけですが、

ここで1つアドバイスをさせていただくとしたら、

「とにかくたくさん捨ててから引っ越す」ことをおすすめしています。

 

なぜかというと、一戸建てのマイホームというものは、

「収納スペースがいっぱいある」ので、余分なモノもある程度収納できてしまうという点があるということです。

特にアパート暮らしをしていたご家族の場合だと、

元々収納が少ない中でいろいろなものを工夫して置いていたわけですから、

新居に引っ越すと簡単に収納できてしまいます。

本当は必要のないものも、新居に行ってから捨てればいいやと思い

ウォークインクローゼットの奥に一度でもおいてしまうと、もう捨てるタイミングは訪れません・・・。

 

そうならないためにも、新居に持ち込む荷物は最小限にできるよう、断捨離をおすすめします。

「中古住宅」について 

2019年 04月 04日 (木)

最後に「中古住宅」もご紹介したいと思います。

最近では、中古住宅を購入してリフォームをされる方も増えてきているため、

今後、さらに注目を集める「家づくりの新しい手段」になるのではないかと思います。 

 

中古住宅というのは、すでに建っている(すでに誰かが暮らしていた家)を購入するというものですが、

中古住宅を購入した後、そのまま暮らす方、ある程度リフォームしてから暮らす方、

そして、基礎や柱以外、ほとんど変えてしまう「リノベーション」という方法で暮らす方がいらっしゃいます。 

 

購入した中古住宅の築年数や傷み具合によって検討したり、

自分たちの暮らしたい間取りかどうかで、どこまでリフォームするかなども異なってきます。 

 

中古住宅のメリットとしては、「立地」が挙げられる場合が多く、

駅の近くなどではなかなか新規の分譲地が販売されることが少ないため、

中古住宅を購入してリノベーションをされるという方も、最近では増えてきているようです。 

«