資料請求
来店予約
スタッフBLOG|福岡県行橋市で子育てが安心できる家をつくる建築会社・白川ハウス

北九州、行橋、京都郡の注文住宅なら株式会社白川ハウス

スタッフブログ

家づくりで失敗しないために

2019年 08月 16日 (金)

 

家を建てようと思って行動してみたものの、なかなか前に進まなかったり、途中で良く分からなくなってしまって計画がストップしてしまったというご家族の相談を受けることがあるのですが、そういった方々が陥ってしまっているポイントをご紹介します。

 

・家を建てる目的を忘れてしまっている。

これは、多くの方に共通するポイントなのですが、家づくりを進めていくと、いろんなデザインや設備、機能に目が行ってしまい「どうして家を建てようと思ったのか?」という本来の目的を忘れてしまっているご家族がいらっしゃいます。目的を忘れて新しい家を観るたびに「いいなー、これもいいなー」となってしまうと、なかなか決断できないというパターンに陥ってしまいますので、しっかり目的を明確にして取捨選択できるようにしましょう。

 

・新しい家に引っ越す時期が決まってない。

家を建てる目的が明確であるように、引っ越すタイミング(新しい家で暮らし始めるタイミング)も明確にしておくと家づくりは比較的うまくいきます。子育て世代のご家族であれば、「上の子が小学生になる前には一戸建てに住みたい」といった引っ越す時期を明確にしておくこと、そして、その時期から逆算して決めるべきタイミングをしっかり把握しておくことです。時期を明確にしておかないと、土地探しでズルズル時間を使ってしまい、いつの間にか子どもたちは小学校高学年になってしまったなんていう方もいらっしゃいますので、しっかり計画しましょう。

ちょっとした工夫でお洒落な空間に。 

2019年 08月 10日 (土)

家づくりの打合せにはいろいろありますが、「楽しい打合せ」の1つに「色決め」や「デザインの打合せ」があるのかなと思います。もちろん、それ以外の打合せが楽しくないというわけではありませんのでご安心ください! 

 

例えば、室内のクロス(壁紙)選びもその1つです。クロスは壁面だけではなく、天井に貼ることも多いので、デザインによって雰囲気は大きく変わります。木目調のクロスやコンクリート打ちっぱなし風クロス、とっても派手なクロスなど、そのデザインは想像されているよりかなりの種類が存在します。あまりやり過ぎると居心地の悪い空間になってしまいますが、組み合わせ次第でお洒落な空間を作ることが可能ですので、いろいろ検討してみて欲しいと思います。 

 

また、天井のデザイン(カタチ)工夫することでお洒落な空間を作ることもできます例えば、「ふかし天井」というものがあります。ふかし天井を細かく説明すると長くなってしまうので、簡単にご紹介すると、平らな天井にするのではなく、中心部分を凹ませたり、凸部分を作って形状にデザインを付けるような感じです。間接照明などをご検討の場合は良いかもしれません。 

 

 

この他にも、「化粧梁」と呼ばれる空間演出もデザインとしては人気がある手法です。これは、天井裏に梁を隠さず、インテリアの一部として見せるという手法になります。アンティークモダン系のお家を見学されたことのある方は見たことあるかもしれませんね。アンティークモダン系と言えば、「アーチ壁」もデザインとして好まれるのではないでしょうか。 

 

 

 

デザインに関しては、過去の事例やインターネットなどでもいろいろ発見することができるので、ぜひいろんなものを検討して、費用も見ながら挑戦してみてください! 

マイホームの「虫」対策 

2019年 08月 08日 (木)

 

マイホームを建てたご家族がアパートの時と違うなと感じることの1つに「頻繁に虫が部屋の中に入ってくる!」ということが挙げられます。虫嫌いの奥様にとっては耐えられないかもしれませんね。

 

どうしてアパートに暮らしている時より虫が入ってくるのかと言えば、一戸建ての場合、敷地の中には自分の家しかないということです。また、4階より上に暮らしていたというご家族は、虫が上がって来ない場合もあるので、一戸建てに住んでみてビックリする方も少なくありません。 

 

特に「蚊」は刺されると痒くなってしまうので、蚊が家に入ると必死に追い払うかと思います。そこでおすすめしたいのがミントの栽培です。ミントのニオイは、苦手な香りなので、ミントを栽培すると比較的寄ってこないと言われています。ミントの中でも香りが強い「ペパーミント」と言われる品種最も効果が高いと言われています

育てるのが簡単なので、水やりさえしっかり行っていれば枯れてしまうことはあまりないのでお勧めです。玄関やベランダ、キッチン、寝室などにミントを置いて対策してみてはいかがでしょうか。 

«