資料請求
来店予約
スタッフBLOG|福岡県行橋市で子育てが安心できる家をつくる建築会社・白川ハウス

北九州、行橋、京都郡の注文住宅なら株式会社白川ハウス

スタッフブログ

食器棚はどうしますか?

2019年 10月 16日 (水)

 

最近では、キッチンを広めに作ってキッチン内に食器棚を設置する方が多いようですが、オープンキッチンを選ばれる方も増えてきているので、「食器棚次第で部屋の雰囲気が変わる」と言っても過言ではなくなってきました。キッチンをより使いやすく、雰囲気を良くするためにも食器棚選びにはこだわって頂ければと思います。

 

昔から多く選ばれている選択肢としては、キッチンメーカーが販売している食器棚があります、メーカーが一緒ですから、デザインや素材などもバランスが良いので、雰囲気も統一感が出ますし機能的にも優れているので、ほとんどの方にはお勧めだと思います。

 

こだわりたいという方には、オーダーメイドで設置するという方法もあります。オーダーメイドですから、自分の好みのデザインはもちろん、素材やカタチも自由に造ることが出来ますのでこだわり派にはお勧めです。もちろん、費用面では高くなってしまいますが、作り方次第ではそこまで高くならない場合もあるので住宅会社に相談してみてください。

 

最近では、お洒落なインテリアショップや海外のアンティークインテリアを取りそろえるお店も増え、そういったお店で見つけて来られる方も増えてきました。こういったケースで注意しておきたいのは、「設置できるかどうか事前に確認しておく」ということです。一目ぼれして衝動買いしたもののサイズが合わずに設置出来ないなんてことにならないように、きちんとサイズを測っておきましょう。また、可能であれば購入前に住宅会社に相談すると間違いないかと思います。

土地探しのポイント

2019年 10月 11日 (金)

 

家づくりをするためには「家を建てるための土地」が必要です。マイホーム計画をスタートされた方であれば「土地探しがいかに大変か」ということは身に染みているかもしれません。実際、家づくりを始めて5年経っても良い土地が見つからずに進まないという方もいらっしゃいます。

 

土地探しをする際、多くの方がインターネットや雑誌を見て不動産屋さんに相談するのですが、良い土地を手にしたいのであれば、「住宅会社に相談する」ことをお勧めします。

 

なぜかと言うと、「良い土地」というものは、人によって違うからです。どんな暮らしがしたいのかという想いによって、その家族に対して良い土地というのは変わってきます。

 

不動産屋さんは「土地のプロ」ですので、土地の大きさ、形、将来性、法規制など様々な観点から提案してくれます。しかし、どんな暮らしがしたくて、どんな建物が良いかということに関しては考慮しません。あくまでも土地を取引するお仕事です。

 

住宅会社は、お客様のイメージする理想の暮らしを実現するために、建物の具体的なプランを作成してきます。そうなると、当然、その建物がどんな土地なら実現できるかということもしっかりイメージ出来ています。このイメージをしっかり持っておくと、「そのご家族にとっての良い土地の基準」が明確になるので土地探しがとてもしやすくなります。

 

また、住宅会社は不動産会社と交渉することも可能です。土地というものは奥が深く、表面上の面積や日当たりだけではなく、地中がどうなっているのか、法規制はどうなっているのかという点も確認しなければなりませんので、素人が直接交渉するのは危険です。

 

そういった点も含めて、土地にも詳しい住宅会社のスタッフに相談することをお勧めします。

パッシブデザインってなに?

2019年 10月 04日 (金)

 

家づくりをスタートされた方なら、「パッシブデザイン」というフレーズを一度は聞いたことがあるかと思います。特に、ここ数年で全国的に人気が急上昇しているので、気になっている方も多いのではないでしょうか。

 

パッシブデザインとは、太陽や風など、自然エネルギーの力を上手に活用して快適な暮らしを実現するために考えるデザイン(設計)のことで、そういった工夫が施された家をパッシブデザインハウスと呼んでいます。自然エネルギーを活用することでエアコンなどの家電に極力頼らない暮らしということで環境にも配慮した家と言えるかもしれません。

 

日本では古くから自然エネルギーを活用した家づくりは盛んで、京都の昔ながらの住まいなどは、今でいうパッシブデザインの先駆けのような存在です。昔は家電などがありませんでしたから、自然の力をフル活用して、少しでも快適に暮らせる間取りを考えていました。

 

現在は、様々な家電も揃っていますし、断熱など家そのものの性能も昔とは比べ物にならないほど良くなっているので、「昔ながらの知恵」と「現代の技術」を融合したパッシブデザインが出来るようになりました。また、パッシブデザインと呼ばれるだけあって、設計の工夫がメインになるので、費用を掛けずに取り入れるものもたくさんありますので、ぜひ住宅会社に確認して、少しでも快適な設計になるよう相談してみてください!

«