資料請求
来店予約
和室の間取り

北九州、行橋、京都郡の注文住宅なら株式会社白川ハウス

スタッフブログ

和室の間取り

2020年 03月 13日 (金)

最近では、

和室を設けないご家庭も増えてきましたが、

それでも、まだまだ和室のニーズが無くなったわけではありません。

 

和室を造らなくても、

畳コーナーや小上がりを造るなど、

和を少しだけ取り入れるというご家庭も多くなりました。

 

そこで今回は、

和室に関する失敗事例、

「こうしておけばよかったなぁ」と言った情報をご紹介したいと思います。

 

 

1番あるパターンとしては、

お客様用として和室を設けたにもかかわらず、

年に数回しか使われない部屋になってしまい、

結局物置となってしまうパターン。

 

1度物置になってしまうと、

そう簡単には戻せませんので注意したいですね。

 

 

他にも、

日当たりの良い場所に和室を造ったのは良いものの、

畳がすぐに日焼けしてしまったというケースもあるようです。

和室の日当たりが良いという点は良いことですので、

日焼けしにくいものを使用するなど、

相談するとよいかもしれません。

 

掘りごたつも使い勝手は良いモノですが、

掃除が大変だという意見もあったり、

小上がりを造って畳コーナーを作ったものの、

お子さまが小さなときはちょっと危険だったりもしますので、

ご家庭の環境にマッチしたものを選択していくとよいかもしれません。

 

 

«

»