資料請求
来店予約
小上りを活用しよう!

北九州、行橋、京都郡の注文住宅なら株式会社白川ハウス

スタッフブログ

小上りを活用しよう!

2020年 02月 22日 (土)

小上りはリビングに作られる、

少し段差があるスペースのことです。

 

 

和室の空間としてつくられることが多く、

部屋を有効に活用できるため人気があります。

 

 

小上りを作るメリットは、

段差を作ることで、扉を設置しなくても、

リビングと別の部屋として利用することができる点です。

 

 

また、小上がりにした分、

下のスペースを収納スペースとして使うことができます。

スライド式になるのでおもちゃを収納したりすると便利です。

 

 

お子様が小さい時は、

段差からお子様が落ちてしまう危険性もあるため、

できれば柵を付けておくと、

心配はなくなりますのでお勧めです。

 

 

小上りはリビングの広さに合わせて、

どれくらいのスペースを取るか決めるようにしましょう。

 

 

広すぎてしまうとリビング空間が狭くなり、

窮屈になってしまいます。

 

 

小上りを実際に作られたお家の活用例を見てみると、

高さを利用して勉強スペースにしているケースもあります。

 

 

小上りの部分に座り、

前に移動式のテーブルを置くことで学習スペースが完成します。

キッチンからも見えるので、

お子様が勉強している姿が確認できます。

 

 

他にも、小上りをダイニングチェアの代わりにすると、

椅子を置かなくて良いのでリビングも広く感じられます。

 

 

小上がりはいろいろな使い道があるので、

ぜひたくさんの事例を見て検討してみてください。

 

«

»