資料請求
来店予約
リビングの間取り失敗あるある

北九州、行橋、京都郡の注文住宅なら株式会社白川ハウス

スタッフブログ

リビングの間取り失敗あるある

2020年 03月 23日 (月)

一戸建てを建てる際、

いろいろ悩んだりワクワクする間取りの1つに、

リビングがあるのではないかと思います。

 

家族が集まって寛げるリビングは、

出来るだけ居心地のよい空間にしたいと思うのは、

誰もが考えることかも知れません。

 

そんなリビングの、

「こうすればよかったなぁ」というような事例を、

ご紹介したいと思いますので、

これから家づくりをされる方は参考にしてみてください。

 

まず、良くある失敗談としては、

「大きすぎることによる失敗」があります。

 

例えば、

吹き抜けを造って開放的な空間にしたのは良かったが、

冷暖房があまり効かなくて、

電気代がかかってしまったという話は、

聞いたことがあるかもしれません。

 

同じような例で言うと、

リビング階段にしたらエアコンの効きが悪くなってしまった、

という事例もあります。

 

これは、

家の性能によって大きく変わるので、

吹き抜けやリビング階段を希望される方は、

「断熱」などもしっかり確認してみましょう。

 

 

他にも、

リビングが広すぎて、

家具を置いてもスカスカな感じになってしまって、

寂しいという話も聞きます。

 

反対にそこまで広くないのに、

大きな家具を買ってしまって、

窮屈になってしまったという話も聞きますので、

家具購入の際は、

リビングの広さもチェックすることが大切かもしれません。

 

«

»