資料請求
来店予約
大手ハウスメーカーってどうなの? 

北九州、行橋、京都郡の注文住宅なら株式会社白川ハウス

スタッフブログ

大手ハウスメーカーってどうなの? 

2019年 08月 23日 (金)

 

見学会などでお客様と話をしていると、「大手ハウスメーカーってどうなんですか?」と質問されることがあります。ハウスメーカーの営業マンに直接聞くわけにもいきませんから、私たちのような地場工務店にお聞きになるのかもしれませんね。 

 

せっかくですので、簡単ではありますが大手ハウスメーカーさんの「良いところ・あまり良くないところ」をご紹介させていただきます。 

 

ちなみに、「ハウスメーカー」と呼ばれる会社はそんなに多くないのですが、分かりやすくお伝えすると「全国規模で大々的に活動している住宅会社(多くの方が名前をしっているような会社)」を大手ハウスメーカーと言います。大手ではないけど、いわゆるハウスメーカーと呼ばれる会社の場合、定義はありませんが、複数の県で展開している会社さんであればハウスメーカーと呼んでもいいかなと思います。 

 

ハウスメーカーさんの良いところは、しっかり教育されている点があると思います。これはどの業界でも同じことが言えると思いますが、大きな会社さんは社員教育もしっかりしていますので、そのイメージで良いと思います。 

 

また、社内の仕組みに関しても、制度のばらつきはありますが、地場工務店に比べるとどの会社さんもしっかりしているかなという印象はあります。アフターメンテナンスなどの案内も仕組みで運営しているので、定期的な検査など、漏れなく実行してくれるのは良い点かもしれません。 

 

大手ハウスメーカーさんの場合は、多額の開発費用をかけていろいろなノウハウ、情報を蓄積しているという点も注目しなければなりません。コマーシャルなどでも耐震実験の映像などを観たことがある方もいらっしゃると思いますが、安全性などの技術開発も自社で研究しており、最先端の技術が集約されていると言っても過言ではありません。 

 

こういった点から、価格が高くなってしまう点や、自由度を上げてしまうと耐震性などにも影響があるためある程度、間取りやデザインに制限があるという点は、デメリットと感じる方もいらっしゃるかもしれませんね。 

«

»