株式会社白川ハウス

西日本新聞に掲載されました

幸せな暮らしが自宅建築の目的

住宅勉強会で講師強調

行橋

子育て世代や自宅の建築、購入を検討している家族を対象にした
「住宅勉強会」(西日本新聞社など後援)が24日、行橋市のコスメイト行橋で書かれた。
地場工務店白川ハウス(苅田町)の吉武大監さんが講師を努め「家を建てることが目的ではなく、幸せに暮らすことが一番大切」などと訴えた。一般社団法人高性能住宅研究会苅田支部の主催で、24回目。

吉武さんは、住宅ローンの内容や正しい家づくり内容や正しい家づくりの進め方などを紹介。
まずライフプランの設計を練り、次に間取りなどを考える必要性を指摘し、家を建てたり、購入したりする前に、人生設計を見つめ直すことが重要」と強調した。夫婦で参加した行橋市の自営業三津木啓一郎さん(56)は「家族の暮らしという原点に返って、考える方法は参考になった」と話した。

家づくり塾の詳細はコチラ