資料請求
来店予約
2019年3月27日

北九州、行橋、京都郡の注文住宅なら株式会社白川ハウス

スタッフブログ

注文住宅と建売住宅の販売形態 

2019年 03月 27日 (水)

前回のブログで、住宅の販売形態には大きく分類すると

「注文住宅」「建売住宅」「規格住宅」「セミオーダー住宅」「中古住宅」

の5つが挙げられるとお話しいたしましたが、

今回は、その中の「注文住宅」と「建売住宅」について解説していきたいと思います。 

 

 

「注文住宅」:お客様の要望を1つ1つヒアリングして完全に自由設計で作る住宅 

「建売住宅」:すでに建っている新築住宅 

というのは、前回のブログで簡単に解説しましたが、もう少し分かりやすく解説していきます。 

 

 

「注文住宅」 

注文住宅は、「お客様の要望を1つ1つヒアリングして完全に自由設計でつくる家」

ということで、ゼロから家を作り上げることを言います。

「屋根はどんなのにしようか?」「キッチンはどんな形でどんな機能のものにしようか?」

などなど、自分たちの想いを1つ1つカタチにしていくため、とても楽しく、

思い出に残る家づくりができるというメリットがあります。

デメリットといえば、「完成するまでに時間が掛かる」ことや、

いろいろ要望をカタチにしていくと「費用が高くなってしまう」という点があるかもしれません。 

 

 

「建売住宅」 

建売住宅は、「すでに建っている住宅」を購入する販売形態で、

「家を建てる」というよりは、「家を買う」というイメージが強いと思います。

なんといっても「価格が安い」という点がメリットです。

どうして安く建てられるのかというと、一度にたくさんの家を建てて販売する場合が多く

同じ材料を使い、同じ間取りで作ることが多いため、スケールメリットで価格を抑えることが可能になります。

デメリットと言えば、出来上がっている住宅を購入するしか方法が無いため、

「思い描いている間取り」に出会うことが難しいという点があります。 

 

どちらも、メリット・デメリットはありますが、自分たち家族に合った買い方を検討していきましょう!